プログラマの残業を無くすという大きな目標

ソフトウェア開発の仕事ではプログラマーの残業が常態化しつつあります。この問題を放置していると状況は悪化するばかりで、何らかの対策を打ち出さなければなりません。仕事が忙しい状態が当たり前だと受け入れることなく、目標を掲げ現状を変える取り組みが必要です。問題を解決する目的を持ち少しでも改善のために行動すれば解決に近づけます。仕事が忙しくなる問題を解決するためには、まずはなぜそのような問題が起こるのか原因を探る必要があります。残業が多い理由には、事前の開発計画に認識の甘さが原因として考えられます。開発の前に事前にプロジェクトの計画を立てる際に、その見通しに問題があったとすると開発スケジュールが狂い、つじつまを合わせるためしわ寄せがプログラマに及びます。

対策方法としては、不測の事態を想定してある程度のスケジュールの余裕を持たせるのが効果的です。その他、クライアントとのコミュニケーション不足も問題が起きる理由の一つに挙げられます。クライアントとの意見のすれ違いが起こると、開発途中で仕様変更が必要という事態が珍しくありません。そこで開発に入る前にクライアントとは十分な情報交換を行い、後で仕様の変更が起こらないよう十分に念を押すことが大事です。計画通りに開発を進めて残業を無くすのは、簡単に達成できることではありません。しかしはっきりとした目標を持つだけでも、忙しいプログラマーにとって心の支えになります。
それでも残業することで体へ負担がかかっているようなら、残業が少ない仕事先探しや独立して自由を手に入れるということも視野に入れておく方がいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です