能力に見合った転職先探し

残業の多さで悩んでいるプログラマーは、勤務している職場での仕事が向いているかどうか考える必要があります。残業しなければならない理由には、実力にあった職場ではないことも考えられます。実力以上の能力を求められる職場では、時間内に作業を終わらせることができません。スキルアップすれば時間内に与えられた作業をこなす事はできるとはいっても、能力アップにも限界はあります。そのため残業が多く心身共に疲弊してドロップアウトする事態に陥るまえに、能力に見合った職場へと転職することも適切な判断の一つです。高望みしてレベルの高い開発の職場を選んだ一方で実力不足を感じるようであれば、転職を決めるのも仕方ありません。プログラマ向けの求人案件を探してみれば、比較的難度の低い開発の仕事も見つけられます。

苦労して無理に難度の高い仕事を続けるよりは、新しい可能性に賭けてみることも判断のうちです。理由を包み隠さず上司に伝えたならば、能力不足で仕事を辞めるという判断も十分に納得してもらえます。実力不足だから転職するのも正当な退職の理由であり、非難されるものではありません。もしかすると新しい職場では、能力に見合った仕事に巡り合うことができ、これまでよりも充実した労働環境の中で働けるようになるかもしれません。収入の面では以前よりも少なくなるとしても、居残りで仕事をしなければならない状況は減少し仕事に対して意欲的に取り組めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です